2009年06月20日

日本人先発対決明暗…川上4勝目、松坂KO5敗目

  レッドソックスの松坂大輔投手(28)とブレーブスの川上憲伸投手(33)が19日(日本時間20日、午前8時10分)、フェンウェイ・パークでともに先発のマウンドに上がった。川上は6回2安打2失点で4勝目(6敗)。松坂は4回0/3を投げ8安打6失点で5敗目(1勝)を喫した。試合は8−2でブレーブスが勝った。


bannar.jpg
無料で遊ぶなら全国の無料!!遊びスポット


posted by トレンドサーチ at 12:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フライデー許さん!!長嶋さん、断固戦う

 長嶋茂雄・巨人終身名誉監督(73)が写真週刊誌『FRIDAY』(講談社)に激怒した。19日発売の同誌に掲載された『長嶋茂雄に寄り添う「田園調布の女帝」の正体』という記事に対し、「悪意に満ちた、全く事実と違う記事に対して、大変に憤りを感じています」と訂正と謝罪を求める文書を送付。現役時代からどんな報道も容認してきたミスターが不快感をあらわにし、場合によっては訴訟に発展する可能性もある。


bannar.jpg
無料で遊ぶなら全国の無料!!遊びスポット
posted by トレンドサーチ at 12:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

さらば三沢光晴さん…密葬に200人参列

 さらば、三沢光晴−。13日に試合中の事故で急逝したプロレス団体ノア社長で、プロレスラーの三沢光晴さん(享年46歳)の密葬が19日、東京・中野区の宝仙寺で営まれ、東京・新宿の落合斎場で荼毘(だび)に付された。近親者だけによる葬儀にもかかわらずノア選手を含め約200人が参列。リング内外で愛された故人との別れを涙で惜しんだ。ファンには22日の東京・後楽園ホール大会で報告される。

 愛する家族とノア選手らに見守られ、三沢さんの魂が天国へと旅立った。午後0時11分。かつてパートナーを組んだ小橋建太、田上明、歴代付け人ら約10人にかつがれ出棺。声を上げて泣く女性や「みさわぁ〜っ!」と2度絶叫する男性も。最後の対戦相手の斎藤彰俊(43)は目を真っ赤にはらし、佐々木健介(42)、北斗晶(41)夫妻は号泣。健介は出棺後もしばらく放心状態だった。

 宗派が浄土真宗のため戒名にあたる法名は「釋慈晴(しゃくじはる)」。慈愛に満ち、人望の厚かった故人をしのび付けられた。遺族の意向で密葬となり弔辞も弔電もなかった。だが、参列者は200人を超えた。ノアの百田光雄副社長(60)は「人に好かれる性格が人を集めたと思う。おおらかな故人らしく、とても安らかな感じの寝顔でした」と話した。

 長男・康真さん(しずま、17)が抱いた遺影はノア旗揚げの2000年ごろのもの。基調としていたエメラルドグリーンのレーシングスーツ姿で、満面の笑みだったという。祭壇にはウルトラマンや仮面ライダーなど生前のフィギュアのコレクション約30体が供えられた。康真さんが自宅から持参したもので、ひつぎにも試合のタイツとともに納められた。

 出棺時には喪主の真由美夫人(42)に代わり、長女・楓さん(20)が「生前、父が大変お世話になりました」とあいさつ。三沢さんは落合斎場で荼毘に付された後、午後3時半ごろ、東京・世田谷区の自宅に数週間ぶりに帰った。

 壮絶な最期を遂げ、永眠についた三沢さん。後任の社長は未定で、ノアでは25日に予定していた役員会を23日に前倒しして話し合う。

 ◆お別れ会 三沢さんのお別れ会「DEPARTURE(献花式)」が、7月4日に東京・江東区のディファ有明で行われることが19日、ノアから正式発表された。一般受け付けは午後2時からで、参列者には献花用の花を持参するよう呼びかけている。


bannar.jpg
無料で遊ぶなら全国の無料!!遊びスポット
posted by トレンドサーチ at 12:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

横浜オーナー緊急補強令!フロント粛清へ

 セ・リーグで最下位に沈む横浜は19日、横浜市内の球団事務所で臨時株主総会を開いた。若林貴世志オーナー(66=TBSホールディングス取締役相談役)は低迷するチームの現状を佐々木邦昭球団社長(62)に厳しく追及。巻き返しに向けて緊急補強を厳命した。オーナーの“喝”が効いたのかチームはこの日、西武に逆転勝ち。連敗を6で止めたが、依然として前途は厳しい状況。このままなら今オフは、フロントの大粛清が断行される公算が高い。


bannar.jpg
無料で遊ぶなら全国の無料!!遊びスポット
posted by トレンドサーチ at 12:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

土星の輪 15年ぶり「消失」

 土星の輪が見えなくなる「消失現象」が約15年ぶりに起こる。地球から見て輪が真横に位置するためで、しし座の方向にある土星の輪が、次第に細くなる様子が観察できる。

 国立天文台(東京都三鷹市)などによると、土星の輪は氷粒が集まったものと考えられ、一つの大きな輪のように見えるが、複数の輪で構成されている。一番幅広いもので2万5000キロあるが、厚みは最新の研究で、わずか数十メートルと報告されている。

 土星は太陽の周りを約30年かけて一周する。その軌道面から約27度傾いており、輪も同じように傾いている。地球から見ると、15年周期で輪の傾きが変化する。

 前回は95年ごろに消失現象がみられた。今回は9月4日に地球から輪が真横に見える位置関係になる。また8月11日には、太陽から見て輪が真横になり、光が当たらずに輪が暗くなる現象が起きる。いずれも、日没直後の低い空に位置するため観測が難しく、「薄くなった輪を見るなら今がチャンス」。口径5センチ以上の天体望遠鏡があれば、輪が見えない土星の観測はできるが、消えかかった輪を確認するには、天文台などに設置された口径1メートル級の大型望遠鏡が必要という。

 東京では、6月下旬の午後8時ごろ、南西の高さ40度ぐらいの空に土星が見える。国立天文台(電話0422・34・3600)では27日の定例観望会(午後7時半〜同8時半)で、土星を観察する予定。

bannar.jpg
無料で遊ぶなら全国の無料!!遊びスポット
ラベル:土星
posted by トレンドサーチ at 12:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。